バース(BATH)国際コンサルティング協会

台湾進出を目指す中小企業、個人事業主の皆様、ようこそ。

当サイトは、バース(BATH)国際コンサルティング協会が運用している台湾進出のための支援サイトです。

当協会のコンサルタントによる「台湾ネットワーク」と「台湾ビジネスの豊富な経験」を駆使して、あなたの台湾進出のために最適なビジネスパートナーをご紹介いたします。

サービス一覧:
 1.台湾進出総合支援
 2.台湾市場調査、台湾人消費者調査
 3.ビジネスパートナーのマッチング
 4.台湾人誘致のインバウンド戦略策定
 5.台湾事業立て直しのための経営戦略・マケ戦略策定
 6.商標調査
 7.会社設立/支店設立支援
 8.通訳・翻訳/中国語講師派遣

このようなサポートをお持ちの中小企業様、個人事業主様に対して、私共は独自のネットワークと経験で御社の「台湾事業部」としてお手伝いをさせて頂きます。まずは無料メール相談からお気軽にご連絡下さい。

inquiry

???????????????

台湾進出からアジア進出へ繋がることを知ろう。

日本の人口は減少傾向にあり、2055年には1億人を切るとも言われています。
必然的に労働人口も減少していき、日本経済はますます縮小していくことがほぼ確実になっています。そんな中、日本企業が生き残るためにするべきことの選択肢として一番優先順位が高いのが、「海外進出」ではないでしょうか。

現在の経済状況から、日本のマーケットだけを見ていては、よほどの強い商品がなければ、決して生き残ることは
できません。海外に市場を求め、生き残り、そして販売拡大を目指すことは、今の日本企業の重要な課題です。

「海外進出」と言ってもその選択肢は様々ですよね。北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニア、アフリカなど。地域から見ると、多くの日本企業がアジアへの進出をしていることが分かって頂けるかと思います。そんな中、海外進出の第一弾としては、「台湾」を最初の選択肢として考えてみて下さい。

 
「海外進出をするなら、まずは台湾から。」それを正当化する3つの事実があります。

「海外進出をするなら、まずは台湾から。」の3つの事実。

ゆび矢印事実①:台湾は世界一の親日国家である。taipei3
日本人は台湾に行くといい意味で差別されます。それほど台湾の人は日本が大好きです。台湾企業は、他の国に比べ日本への貢献心が非常に強く、誠意をもってサポートをしてくれる企業が多く、日本企業にとって大変有利と言えるでしょう。
また、台湾での「日本ブランド」の威力は健在で、「日本人と同じモノを使いたい。」と考えている消費者は非常に多いです。
そのため、台湾に商品を販売する場合、「日本ブランド」をもっていることは他の国に比べ、比較的有利に働きます。
海外進出を狙う日本企業にとって、台湾をあえて狙わない理由はないでしょう。

ゆび矢印事実②:台湾人は世界一中国人との付き合い方がうまい。taipei2
台湾企業との提携は、その先を見据えた中国進出、アジア進出への基盤づくりとして非常に有効です。台湾と中国大陸とのビジネスの関係は、ECFA(両岸経済協力枠組協議)が締結された2010年6月以降、急速に緊密になっています。
中国進出、または多くの華僑がいるアジア諸国を考える多くの企業はまず台湾と仲良くする、台湾で実績を作る、ことから始めるのが、もはや常識となっています。

ゆび矢印事実③:台湾には海外志向を持つビジネスマンが多い。DSCF8195
日本よりも遥かに海外志向をもったビジネスマンが多いのも台湾の特徴です。台湾は、日本のような経済大国ではないため、海外にビジネス機会を求めて海外へ積極的に目を向けています。彼らは中国、ベトナム、インドネシア、シンガポール、香港などのアジア諸国はもちろん、北米、欧州への進出も積極的です。
もしあなたの会社が海外慣れしていない場合、今後のアジア展開を考えるなかで、台湾での経験と台湾の提携企業の知見は大いに役立つでしょう。

以上の3つの事実から、海外進出を狙う日本企業にとって、台湾をあえて狙わない理由はないでしょう。手始めに、当サイトがご提供する以下の無料レポートとダウンロードから、御社の台湾進出計画を進めてみては如何でしょうか。

無料レポートのダウンロードへ。

なぜバースなのか

「台湾企業ビジネスマッチングならバース。」これを裏付ける理由があります。

ゆび矢印理由1:台湾での豊富な人脈ネットワーク
当協会のコンサルタントは、台湾企業との強力なネットワークを構築しています。
バース代表の張秀道(ヒデ)は、台湾の大手企業にて海外進出プロジェクト業務に携わってきた経歴から、企業上層部とのネットワークを構築しています。
王志豪(ケビン)は台湾豊田、友達光電などの大手企業を渡り歩き、主に各企業の営業部長との強力なネットワークを構築しています。これらの台湾での豊富な人脈ネットワークを通じて、クライアント様のビジネス形態に最適なビジネスパートナーを、的確にご紹介することが可能です。

ゆび矢印理由2:マーケティング戦略策定のプロ
ビジネスマッチングには、何十ページにも渡るような事業計画書を作成する必要はありませんが、現地の業界概要、競合分析、そして台湾マーケティング戦略は、しっかりと練っておく必要があります。そうしなければ、組む企業の選択を誤ってしまうためです。

当協会のコンサルタントは、これまで数多くの事業計画書を策定し実行してきています。そして、事業計画策定スキルに加え、必要な現地情報は、台湾在住のコンサルタントが収集し、より精度の高いマーケティング戦略を策定し、より最適なパートナー開拓を実現します。

ゆび矢印理由3:台湾人特性の深い理解
台湾進出で成功する為には、台湾人を巻き込んで事業を進めるのが鉄則です。
そして、台湾人を巻き込むには、台湾人の特性をよく理解し、良好な関係を維持し続けることが大切です。台湾人とのビジネス経験が豊富な当協会のコンサルタントは、台湾人のビジネス特性に関して十分な理解をもっており、台湾人とのスムーズな調整に長けています。

ゆび矢印理由4:中国語による交渉力
張秀久(ヒデ)は、台湾の大手企業にて、プロジェクトマネージャーそして海外進出コンサルタントとして、上層部への海外進出事業計画作成支援を行った経験を持っています。それらの経験を通して、台湾人経営者の事業に対する考え方を間近で体感した張の台湾人との交渉術は、きっとあなたのお役に立てるはずです。

王志豪(ケビン)は台湾ネイティブであることはもちろん、台湾の大手企業を渡り歩き、これまで多くの台湾人、日本人、そして中国人を相手とした事業に携ってきました。そこで培った交渉力は、それこそ百戦錬磨で、「台湾人が台湾人にしか話さない本心」を聞き出し、日本人と台湾人の架け橋としてきっとあなたのお役に立てるはずです。

Copyright(c) 2017 BATH All Rights Reserved.