Café&MealMUJI台湾阪急店:日台の強みを活かしたメニュー

2015-03-10

台湾では日本に負けず劣らず健康志向の傾向が強いです。
メディアでも多くの健康に関するテーマを取り上げ、健康を意識した献立作りや快眠快便のコツ、など台湾人の健康に関する意識が高いのが見て取れます。

そんな中、昨年12月に台北信義区にオープンした株式会社良品計画のCafé&MealMUJI阪急店では、
日本人と台湾人チームで共同開発されたメニューが話題になっています。

この日台共同チームで開発されたCafé&MealMUJI阪急店メニューの特徴は、何といっても台湾各地の名産と日本各地の名産を使用したまさに日台共同のメニューです。
たとえば、台湾からは、台東県の池上米、台湾産健康フルーツジュース、南投県産烏龍茶、花蓮産低温殺菌鮮乳など。
日本からは、沖縄県の本和香糖、高知県北川村のゆず、愛知県産抹茶など。
自然食材を使用することで健康を意識したこれらの食材は健康志向が強い台湾人にとって魅力的な食の場でしょう。

002791

Copyright(c) 2017 BATH All Rights Reserved.