鴻海、アメリカに液晶パネル工場を建設

2017-08-15

鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘(テリー・ゴウ)会長は、7月26日、アメリカのホワイトハウスでの会見で、約100億米ドル(約1兆1,100億円)を投じてアメリカ中西部のウィスコンシン州に液晶パネル工場を建設する計画を発表しました。

ウィスコンシン州ウォーカー知事によれば、新工場は2020年までに竣工予定で約1万3,000人の雇用が創出されるとのこと。
トランプ大統領は、「郭会長は、世界で最も偉大な実業家の1人だ。」と賞賛し、「私がもし当選していなかったら、この100億ドルの投資はなかった」と話しました。
郭会長は「『メイド・イン・アメリカ』の実現に努力する」と述べ、トランプ氏が大統領選から強調していたアメリカの製造業回帰をサポートする姿勢をみせました。

鴻海(ホンハイ)は昨年買収したシャープの液晶工場を中国の広州でも建設中で、液晶パネル事業の拡大をアメリカ、中国で図っていく構えです。


(画像出所:http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ27H4I_X20C17A7MM0000/)

Copyright(c) 2017 BATH All Rights Reserved.