農産物のEコマース(電子商取引)化で新しいビジネスモデルを

2015-06-17

IT技術の発達により、個人レベルで世界中から様々な情報を気軽に手にすることができるようになりました。
Eメールを使えばものの数秒で地球の裏側の人間にコンタクトをとることができます。
世界がLサイズからMサイズへと縮小したのです。

さらに技術は進み、ただ単に個人が情報収集するだけではなく、ブログやSNSを使って個人が意見を成果中に発信したり、画像や動画を共有したりすることができるようになりました。
そして、またパソコンひとつで世界中から商品を購入できるようになり、Eコマース(電子商取引)も発達しました。
MサイズからSサイズへとさらに縮小したのです。

台湾行政院農業委員会が注目している分野のひとつが農産物のEコマース(電子商取引)活発化です。
農産物は電子機器や日常用品と違い、鮮度が重要になりますよね。
低温での流通や在庫管理は、農産物の品質維持とコストを抑える上で大変重要な要素です。
台湾の農家と流通業者が協力してEコマース(電子商取引)を取り入れたビジネスモデルを構築することで、供給者、仲介業者、そして
消費者がウィンウィンの関係を築くことができるはずです。

bd251a3cd1eca0fd6ba0f1907db6f025_s

Copyright(c) 2017 BATH All Rights Reserved.