統一超商が日本のよつ葉乳業、JAふくおか八女とコラボ商品販売。

2015-02-20

3eba7e36a194e9336ef5df1d2d8204df_s台湾のセブンイレブンを展開する統一超商は、今月4日から北海道乳原料と福岡産イチゴ「あまおう」をつかったソフトクリームの
販売を季節限定で開始しました。
商品は北海道ミルク味と福岡イチゴ味の2種類で、価格は45元(約166円)です。

これは、統一超商が「よつ葉乳業株式会社(本社:北海道札幌市)」、「JAふくおか八女(福岡県八女市)」と共同で開発したもので、今回の販売まで至りました。

当協会の見解としては、近年の台湾でのマーケティング面から見ると、「日本」ブランドから「地方」ブランドへの移行傾向が見て取れます。つまり、只単に、「日本製」「日本直輸入」と謳うのではなく、今回のケースのように「北海道産」「福岡産」など地方ブランドで謳うことで、日本の各地域のブランドを前面に押し出しているのです。産地の特徴が出る野菜や果物の類は、特に顕著にすみ分けができますので、この傾向も今後続いていくことでしょう。

今は「日本」だけでは台湾での差別化は通用しなくなってきています。

※画像と本記事は一切関係ございません。

Copyright(c) 2017 BATH All Rights Reserved.