新竹駅と東京駅が提携。記念として特製グッズ4種発売へ。

2015-02-16

台湾と日本の提携は企業ばかりではありません。駅同志での提携もあります。
その例が今月の台湾鉄道の新竹駅とJR東日本の東京駅の提携です。
新竹駅は、1913年の日本統治時代に建造された伝統ある駅で、今でも昔懐かしい雰囲気が漂うレトロな駅です。
今月12日に新竹駅で締結式も行われ、台湾と日本の鉄道交流が更に盛んになっていくことでしょう。

さらに、今回の締結を記念して、台湾鉄道はIC乗車カード、記念メダル、竹製の文鎮、陶磁の皿の特製グッズ4種を発売するとしています。
日本人の台湾鉄道のファンも多いです。東京駅開業100周年記念Suicaでは社会現象にまでなりましたが、台湾でのこれらのグッズの売れ行きには注目です。

DSCF0194

Copyright(c) 2017 BATH All Rights Reserved.