採用予定件数が過去採用に。人材紹介会社大手調査にて。

2015-03-25

台湾中央社によると、米国の人材紹介会社大手のマンパワーグル―プが行った調査で、台湾企業による今年の第2四半期の採用件数を増やすと回答した台湾企業が過去最高に上ったとのことです。
同グループは約1,000人の台湾企業経営者にインタビューを実施し、全体の49%が人材増員予定であると回答しました。
雇用需要トップ3は、「金融・保険・不動産」「製造」「サービス」とのこと。

台湾の従業員は日本の従業員以上に流動的です。
台湾での賃金水準はその経済規模に比べて低いとされており、多くの台湾人はより高い賃金を求めて、
他社へ転職したり、海外へ転職したりします。

経営者は以下に優秀な従業員を維持し、会社全体のパフォーマンスをあげていくかが成功のカギとなります。

b43cac5a9e3d5cd4525343e57b0a9430_m

Copyright(c) 2017 BATH All Rights Reserved.