台湾進出企業が直面する問題リストと人材確保するための手段。

2014-10-18

台湾進出で事業拡大を検討する際、日本国内でとは違い言語、文化、市場と全く分からないところからスタートするケースが大半です。日本国内での常識が台湾では全く通用しないというケースも多々あります。日本に比較的近いと言われている台湾でさえそうなのです。

以下に挙げたのは、台湾に限らず、海外事業部が直面する主な問題です。これらの問題をよく見て頂き、自社が今の人材でこれらをクリアすることができるかよく考えてみましょう。

b43cac5a9e3d5cd4525343e57b0a9430_m

台湾進出企業が直面する問題リスト

赤やじるし台湾のバイヤーは、現在日本国内で販売している商品、サービスをそのまま受け入れるのだろうか。
赤やじるし台湾人向けに改良が必要なのだろうか。
赤やじるし台湾に自社専用の生産設備を作る必要があるのだろうか、または外注化して管理、監視を徹するべきだろうか。
赤やじるし価格設定はどうするべきか。低価格路線でいくのか、高価格路線でいくのか。
赤やじるし商品の売れ行きに地域的要因があるのか。台北では売れて高雄では売れない商品はあるのか。
赤やじるし為替リスクはどの程度までかんがえられるのか。
赤やじるしどのような代理店、卸売業者を選択すべきなのか。
赤やじるし物流会社はどこがよいのだろうか。
赤やじるし業務に必要なライセンスは簡単に取得できるのか。
赤やじるし取引業者はどこまで信用できるのだろうか。
赤やじるし取引を開始するにあたって、契約書内容はどのように設定すべきだろうか。
赤やじるし政治、経済は安定しているのか。

マーケティング学の巨匠フィリップス・コトラー氏によれば、企業の国際化の最初の目的は、利益ではなく、「生き残り」だと言います。言葉も文化も異なる新市場へ進出するというのは、敵の群れの中に飛び込んでいくのに近いのです。どんな問題が起こるか、それをどう解決できるのか、まずは「生き残る」ための進出であることを理解することが大切なのです。

そのため、台湾へ進出してすぐに利益を期待するべきではないでしょう。最初の1,2年は、じっくりと台湾の市場を見ながら、自社の商品やサービスがどこまで受け入れられるのか、開戦するべき点はどこなのか、を探る調査期間として見ておくことが大切です。

ccc5f868c8e0486d747db2f3dabd6786_m

問題を解決するための人材確保

それら上記の台湾進出企業が直面する問題を解決するにはどうしたらよいのでしょうか。まずは、台湾ビジネスや現地に関わるビジネス経験の豊富な人材を集めプロジェクトチームをつくる必要がでてくるかもしれませんね。でも、これらの問題を解決するだけの人材は自社には揃っているでしょうか。台湾進出を経験したことがない企業であれば、これらの人材がすでに揃っていることはまずないでしょう。

その場合、人材を集める方法は2つあります。「新たな人材を雇い、教育する。」または、「外部の専門家へ依頼する」です。
あなたの会社にとって、どちらが最適な方法なのか、よく考えてみましょう。

ゆび矢印●新たな人材を採用し教育する。
新たな人材を雇用し、教育するにはそれ相当の費用と時間がかかります。中途で即戦力を採用できれば、教育にかかる費用や時間は節約することができますので、多くの企業は中途採用の経験者を欲しがるところでしょう。

そこで注意すべきところは、中途採用者を会社の色に無理矢理染めてしまうことがないように彼らに接することです。彼らの最大の特徴は、会社の色に染まっていないアウトサイダーの目線から物事を考えることができる、ということです。長年会社の中にいると、その会社の業務プロセスが当たり前のように行動してしまいがちですが、社外の人間からしてみれば、改善できる余地があるケースはよくあります。台湾進出のための人材を中途で新たに採用するのであれば、アウトサイダーの視点から提案をしてもらえるようにすることが大切です。

8mistakes2

ゆび矢印●外部の専門家へ依頼する。
専門家へ依頼することのメリットは、新らたに人を雇うよりも手間がかからず、また不要になればすぐに契約解消ができる、ということでしょう。また、専門家を複数雇い、各専門分野によって、業務を振り分けることもできます。

注意するべき点は、専門家へ開示する情報をうまくコントロールしながら各専門家に期待する成果をあげてもらうことです。台湾進出をサポートしてもらうにしても、あくまでも彼らは社外の人間です。採用する前に、秘密保持契約を締結するのはもちろん、日々の業務における情報についても、全部開示するのか、必要最小限に留めるのかはマネージャーの判断が求められます。下手に情報開示を渋ると、専門家が期待する成果をあげることができない場合もありますので、情報の開示範囲はよく考えて行う必要があります。

74ebcd21588946be3aef69b273cf45bc_m

まとめ

点矢印画像フィリップス・コトラー氏によると、企業の国際化の最初の目的は、利益ではなく、「生き残り」だと言います。最初から利益を期待するような計画を立てるのではなく、数年先を見据えた計画を立てましょう。

点矢印画像人材を集める方法は2つあります。自社内で人材を教育、雇用するか、外部の専門家へ依頼するか、どちがあなたの会社に適しているでしょうか。海外事業で発生すると想定される問題をあらかじめリスト化し、粘り強く解決していくことが大切です。

Copyright(c) 2017 BATH All Rights Reserved.