台湾南部地震。一人ひとり冷静に正確な情報を入手しましょう。

2016-02-10

2/6未明に台湾南部で起きたマグニチュード6.4の地震は、大きなニュースになっています。台湾ではテレビをつけるとこのニュース一色で、2/10現在も懸命な救助活動が続いています。

日本でも大きな話題となり、義援金寄付などの活動が行われていますね。日本の義援金寄付活動の様子は台湾のニュースでも大きく伝えています。旧正月の直前で不幸な地震で気持ちが沈んでいる中、日本からの支援は台湾の方々にとって大変有難いものと感じているようです。

今回の地震で最も大きく取り上げられているのが台南のマンション崩壊です。未だに不明者の方々もおり、ニュースで状況を見つけながら彼らの無事を祈るばかりです。

一方で、嘉義駅以南で停止していた台湾新幹線(高鉄)は翌日2/7の午前中には全面開通し、台南、高雄などの南部の都市では生活も通常に戻っているようです。
日本でも台湾でも倒壊マンションのニュースで持ち切りのため、南部の状況を把握できず旅行のキャンセルが相次ぎ、旅行業者が悲鳴をあげているとも聞いています。また、義援金詐欺も横暴しているようです。

報道に振り回されるのではなく、一人ひとり冷静に正確な情報を入手することを心掛けることが大切です。

Copyright(c) 2017 BATH All Rights Reserved.