初の女性総統任期開始に台湾女性の社会進出を考える。

2016-05-19

今週金曜日の5月20日、台湾初の女性総統による蔡英文政権がスタートします。女性の社会進出が日本では問題に上がったりしますが、今回の総統選の結果を見て分かる通り、台湾では日本以上に女性が社会進出を果たしていると感じます。

当協会でも、コンサルタントとして活動している中でもこれまで数多くの台湾人女性マネージャーにもお会いしていますし、彼女たちは男性に負けないくらいの気力と自信を持って仕事をしています。
行政院主計総処のデータによると、15歳以上の女性で、大学・専門学校レベル以上の学歴を持つ人の割合は2012年に既に男性を超えており、2015年の統計では、男性39.3%、に対して、女性は45%だったそうです。

また、台湾でも女性の晩婚化が進んでおり、行政院主計総処のデータによると平均初婚年齢は29.9歳で、10年前の2004年の26.8歳から約3歳上昇しています。
台湾のビジネスでもこれからは「女性」がキーワードになってくるでしょうね。

Copyright(c) 2017 BATH All Rights Reserved.