できる人が新年に必ずやっていること

2017-01-03

皆さん、明けましておめでとうございます。
どんな新年を過ごされましたか?

今日から仕事始めという方も多いと思います。

さて、できる人が新年に必ずやっていることがあるのですが、何かわかりますか?

それはとてもシンプルでありきたりのことですが、

「新年の抱負を立てる」ということです。

「なんだ。」と思われるかもしれませんが、

今年は何をするのか、
1年後にはどうなっていたいのか、
しっかりと目標を立てることはとても重要です。

FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグ氏も毎年新年の抱負を立てそれを確実に実行しているんです。

下記に2010年から2016年までの彼の新年の抱負をご紹介します。

マーク・ザッカーバーグ新年の抱負

ゆび矢印生活をサポートする簡単な人工知能(AI)を作る。

2016年、自身の仕事をサポートするシンプルなAIを作ることを抱負としました。その成果が自身のFacebookに投稿されています。

ゆび矢印本をたくさん読む。

2015年、ザッカーバーグは隔週で1冊の本を読み、” A Year of Books“としてFacebookページに投稿をしていました。

ゆび矢印サンキューレターを毎日書く。

2014年、ザッカーバーグは毎日誰かにサンキューレターを書きました。

ゆび矢印毎日新しい人に会う。

2013年、ザッカーバーグはFacebook社員以外の新しい人と会うことを抱負としました。ただ単に挨拶をするだけではなく、しっかりと会話をすることを目標としました。

ゆび矢印毎日codingする。

2012年は毎日codeを作ることを抱負としました。これが2016年に開発したAIにも繋がっています。

ゆび矢印自分自身で殺した肉だけを食べる。

2011年はベジタリアンになる、または自分自身が殺した肉のみを食べることとしました。

ゆび矢印中国語を勉強する。

2010年は、中国語を勉強することを抱負としました。彼の奥様は中国系アメリカ人の方ですからね。

2017年の彼の抱負は執筆中の1/3夕方現在ではまだ発表されていませんが、どんな抱負を発表するのかアンテナを張って確認しておきましょう。

皆さんは、今年どんな抱負を立てられますか?

aff1562b88d30157d61f33e303a80667_s

Copyright(c) 2017 BATH All Rights Reserved.